Social
Media
Policy

ソーシャルメディアとは

ソーシャルメディアについて説明します。


ソーシャルメディアとは?

まずは簡単に説明します。

「ものすごくおっきな集会です。」

その集会では色々なイベントや催し物が行われています。

あなたが参加したいと思った場合はいつでも参加できます。

そして、あなたがイベントを行いたいと思ったらいつでも開催できます。

知らない人と誰でも友達になれます。

その友達はあなたのファンです。

あなたが発信する情報を求めています。



そこで、ソーシャルメディアって何という質問にお答えします。

まず、知名度が高く、私たちも利用しているのが


です。

それぞれに役割があり、与える効果も異なります。

各SNSの詳しい説明はコチラから



ご覧いただけましたか?



そう、ソーシャルメディアではあなたが主役なのです。






私たち株式会社ジェネキスは、あなたが主役になるお手伝いをしています。













難しい用語で詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ソーシャルメディアとは、Web上で提供されるサービスのうち、ユーザーの積極的な参加によって成り立ち、ユーザー間のコミュニケーションをサービスの主要価値として提供するサービスの総称である。
ソーシャルメディアは、誰もが参加できるスケーラブルな情報発信技術を用いて、社会的インタラクションを通じて広がっていくように設計されたメディアである。 個人と個人、個人と組織、組織と組織の間の情報発信が、ウェブサービスを経由することによってそれ自体が意味を持つコミュニティとなり、実社会に広く拡散され、影響力を持ち始めたメディア。twitterやfacebookなどのプラットフォームによって、個人間の情報発信が可視化されやすくなったことにより、SNS(Social Network Service)のネットワーク的な概念を超えて、新たなメディアとして浸透しつつある。
インターネットを前提とした技術を用いて、発信された映像、音声、文字情報にあるコンテンツ(情報の内容)を、当該コミュニティサービスに所属している個人や組織に伝えることによって、 多数の人々や組織が参加する双方向的な会話へと作り替える。そのコンテンツ群は、コミュニティを軽く飛び越える。 ソーシャルメディアは知識や情報を大衆化し、大衆をコンテンツ消費者側からコンテンツ生産者の側に変える。
例えばtwitterではつぶやきがコンテンツであり、そして、それに対するフォローもまたコンテンツである。そのコンテンツ群は、有用な集合知にも、社会や企業や個人の心を動かす世論にも、はたまた壮大な人格攻撃にもなる。そのコミュニティの態様は、コミュニティ形成(例えば会話)の流れによって変化するのである。
商業的なソーシャルメディアとは、UGC (ユーザ生成コンテンツ; user-generated content)や CGM (消費者生成メディア; consumer-generated media) を指す。 Andreas Kaplan と Michael Haenlein はソーシャルメディアを 「インターネットに基づくアプリケーションの一群であって、Web 2.0の思想的或いは技術的基礎付けの上に作られ、 UGCを作りだし交換できるようにするもの」と定義している。